更年期障害はひとりで悩まず病院へ

ホルモンのアンバランスさが主な原因となって引き起こされる更年期障害ですが、
その症状は人によってさまざまです。

 

そのため、更年期障害の治療には細やかな対応が必要とされています。

 

気持ちが落ち込んで、憂鬱な気分から解放されなかったり・・・

 

周囲の人のことがいちいち気に障って怒りっぽくなったり・・・

 

肩こりや頭痛といった身体的な痛みとはまた別の、精神的につらい症状がひどく
なる人もいます

 

そういった心的な症状の場合には、周囲の理解も得にくくひとりで悩むことも
多いでしょう。

 

 

けれども、ひとりで悩んでいては、
つらい症状を余計に悪化させて
しまいます。

 

自分の体や心に思い当たる不調を
感じたら、勇気を出して病院へ
行きましょう。

 

 

 

更年期障害の治療では、主にエストロゲン補充療法(ホルモン補充療法)が
用いられます。

 

これは、更年期の女性の体で急激に減ってしまう女性ホルモンを補って、
症状を緩和するという治療法です。

 

 

ホルモン剤の投与については、副作用のリスクがあるとされ、子宮癌の発症
などが懸念されてきましたが、その後の研究でリスクは微小になっているようです。

 

 

他にも、漢方療法メンタル療法などがあり、心的な要因によって精神的な
症状がひどいような場合には、精神安定剤の投与や心療内科での治療なども行われます。

 

なかには、症状が安定するまで入院による加療が必要な場合もあります。

 

 

更年期以降の人生を健康に送るためにも、適切な処置を受けておくことが大切です。

 

更年期には体と心をやさしくいたわって、穏かな気持ちで
過ごすようにしましょう。

 

 

 

 

更年期障害はひとりで悩まず病院へ関連ページ

針治療で更年期障害の症状緩和
更年期障害に悩む40代女性の、更年期障害に負けない生活とは?
40代女性の更年期障害治療法 ホルモン療法&運動療法
更年期障害の治療に漢方薬を使ってみたら?
更年期障害の治療薬として、副作用の少ない漢方薬を考えてみるのも一案ではないでしょうか?
更年期障害の治療・・・実は笑い飛ばすのが一番!
更年期障害の治療には、ストレスをためないということが重要です。そのためには笑い飛ばすのが一番なんですが、なかなか・・・