更年期障害に漢方薬はどうですか?

更年期障害の治療に漢方薬を用いることも少なくありません。

 

というのも、更年期障害のことを「血の道症」と言うこともあって、
生理を含めて女性の血にかかわる病気となんらかの関係があると
されるからです。

 

漢方には「気・血・水」という健康感があって、これらのバランスが
保たれている状態が健康とされるんです。

 

ですから、血の道症でもある更年期障害には、漢方薬を使うことが
多いのかもしれません。

 

 

 

昔から更年期障害に漢方薬は使われていたようですが、何と言っても
最大のメリットは副作用が少ないことでしょう。

 

また、ホルモン治療では効果が期待できないようなケースにも対応できる
のも魅力の一つです。

 

漢方薬には様々な種類がありますから、それぞれの症状に合ったものを
選ばなければいけません。

 

 

 

 

のぼせやほてりのある人の肩こり・手足の冷え
・腰痛・便秘・月経痛といった症状には、
「桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

冷え性でむくみやすい人の頭痛・肩こり・耳鳴り
・貧血・虚弱・腰痛・冷え性といった症状には、
「当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

イライラや不安のある人の頭痛・不眠・めまい
・目の充血・貧血・食欲不振・精神不安定
・多愁訴といった症状には、
「加味逍遥散(かみしょうようさん)」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このように、症状に合わせて漢方薬は処方されます。

 

そのため、更年期障害の治療に漢方薬を使う場合は、必ず医師や専門家の
診察を受けてから処方された薬を飲むようにしましょう。

更年期障害の治療に漢方薬を使ってみたら?関連ページ

更年期障害はひとりで悩まず病院へ
針治療で更年期障害の症状緩和
更年期障害に悩む40代女性の、更年期障害に負けない生活とは?
40代女性の更年期障害治療法 ホルモン療法&運動療法
更年期障害の治療・・・実は笑い飛ばすのが一番!
更年期障害の治療には、ストレスをためないということが重要です。そのためには笑い飛ばすのが一番なんですが、なかなか・・・