40代女性の皆さん、旦那は大丈夫?男性の更年期障害の原因

長い間、更年期障害というのは女性だけに起こるものと
されてきました。

 

しかし、近年になって、男性にも女性と同じような
更年期障害があるとわかってきました。

 

自分のことだけでなく、お父さんやご主人の体調を思いやる
意味でも、男性の更年期障害について理解しておきましょう。

 

 

   男性の更年期障害については、
   まだ研究が始まったばかりで、
   医学の分野でも対応が
   追いついていないのが現状です。

 

   そのため、大学病院や総合病院
   にも専門の科が設置されている
   ところが少なく、内科や心療内科
   での対応となっています。

 

 

男性の更年期障害は、男性ホルモンの一種「テストステロン」の
減少が原因と考えられています。

 

男性には男性ホルモンと女性ホルモンの両方があるのですが、
男性ホルモンの量は20代をピークにして、その後は精巣機能の
低下とともに減少します。

 

そして、45歳以降には減少の速度が速まって、60歳の
ホルモン量を40歳の頃と比較すると、約4分の1も減少
している
というデータがあります。

 

 

このように、ホルモンバランスの崩れる時期は、男性の
働き盛りの年代とも重なり、仕事においてもプライベート
においても、ますます責任の重くなるとき
といえます。

 

そのために増大する心的ストレスは、更年期障害の症状を
引き起こすもうひとつの大きな要素
と考えられています。

 

 

ホルモンバランスの乱れとストレスとの重なったときに、
更年期障害の症状が強くあらわれるとされるので、
ストレスを溜めないことが更年期障害の予防
つながります。

 

 

また、たばこやお酒の量を減らして食事や睡眠に気を
遣うことも、更年期障害を起こさないこと、症状が出ても
重くしないことにつながり
ます。

 

 

 

40代女性の皆さん、旦那は大丈夫?男性の更年期障害の原因関連ページ

40代女性だけじゃない・・男性の更年期障害の症状緩和
女性だけとは限らない、男性の更年期障害の症状