40代女性だけじゃない・・男性の更年期障害の症状緩和

男性の更年期障害の症状も、女性と同様にほとんど
自覚症状がないくらいの軽い人から、日常生活にまで
影響があるほど重い人までさまざまです。

 

けれども、年齢とともに体のいろいろな機能が衰えて
体調の変化が生じるのは誰にとっても同じです。

 

 

   更年期といわれる時期を
   少しでも明るく健康に
   過ごすために、どのような
   対処方法があるのか
   知っておくとよいでしょう。

 

 

 

 

例えば、体がなんとなくだるい、疲れっぽくなってすぐに横に
なりたくなるといったことでも、一過性ならばよいのですが
何週間も続くようであれば医師への相談をしましょう。

 

更年期障害によるものならば、適切な治療でひどくならない
ようにできますし、場合によっては、他の病気のサインという
ことも考えられます。

 

 

更年期障害のさまざまな症状が入れ替わって次々と起こる
ような場合には、それぞれの症状を穏かに抑えつつ、上手に
付き合っていくことも必要です。

 

 

 

病院でのホルモン補充療法を助ける意味で、漢方薬や
サプリメントを活用するのもおすすめです。

 

 

 

更年期障害の諸症状の緩和には、適度な運動も効果が
高いとされています。

 

男性の場合には特に、いわゆるメタボ対策も兼ねて、
ウォーキングや軽いジョギングをするとよいでしょう。

 

毎朝、少し早めに起きて運動をする習慣ができると、体の
リズムが整って更年期障害の症状を軽減しやすくなります。

 

 

また、生真面目で仕事熱心、仕事以外にこれといった趣味が
ないといった男性に、更年期障害の症状があらわれやすい
傾向があるとされるので、意識して仕事から離れることも
大切です。

 

 

夫婦で散歩を楽しむなど、大変な毎日のなかでもリラックス
できる時間を作るようにしましょう。