更年期障害の2大原因は、閉経と生活の変化

女性の体は、閉経を挟んだ前後10年〜15年の更年期の間に、
多くの変調を自覚する
ようになります。

 

変調の程度や内容は人それぞれで、なんとなく調子が悪い
くらいで済む人から、病気の症状が出て日常生活に
支障をきたす人までさまざまです。

 

また、なかにはまったく自覚症状のない人もいます。

 

 

 

 

更年期障害を引き起こすいちばんの原因は、
女性ホルモンの乱れです。

 

女性の体は、40歳を過ぎた頃から卵巣の機能が低下し始めて、
女性ホルモン(エストロゲン)の分泌量が減少していきます。

 

そして、卵巣から分泌される女性ホルモンの量が少なくなって
いく一方で、脳の下垂体で合成・分泌される卵胞刺激ホルモンは
増加していきます。

 

こういったホルモンのせめぎ合いが体に多くの影響を
及ぼしてしまうのです。

 

 

ホルモンの問題以外の原因としては、生活上の変化や
負荷の高さ
が挙げられます。

 

仕事上の責任が重くなる、子どもが家を離れていく、
親の介護が必要になるなど、更年期の頃の女性は
肉体的にも精神的にもストレスが多くなります。

 

こういったストレスも更年期障害の症状を引き起こし
悪化させる原因となります。

 

 

年齢とともに女性ホルモンが減少するのは
仕方のないこと
ですし、ストレスの問題についても、
こうしておけば絶対に大丈夫という予防策はありません。

 

また、このふたつの原因以外にもさまざまなことが重なって
更年期障害につながっています。

 

そのため、出てしまった症状について穏やかにおさめ、
それ以上ひどくならないようにすることが、更年期障害の
いちばんの治療法
とされています。

 

 

 

更年期障害の2大原因は、閉経と生活の変化関連ページ

更年期障害はどのような人に・・・