更年期障害と保湿ケア

お肌の乾燥がいちだんとひどくなったと感じたら、それは更年期障害と
関係があるかもしれません。

 

更年期によるホルモンのアンバランスはお肌の状態にも影響を及ぼして
しまうのです。

 

 

更年期障害によって気分が沈んだり体がだるかったりすると、それまで毎日
続けてきたお肌のケアまでもが、面倒に感じられるという人も多いようです。

 

けれども、そういう時期だからこそ余計にお肌をいたわった
お手入れを続けることが大切
です。

 

 

更年期障害の症状が
出ている頃は、肌の内部に
水分を留めておく働きが
非常に弱くなっていますから、

 

洗顔剤も保湿成分の配合された
ものを使うとよいでしょう。

 

 

 

化粧水、美容液、クリームでのお手入れに加えて保湿パック
行うようにすると、お肌への潤い補給がしやすくなります。

 

 

乾燥状態のお肌は、紫外線を防ぐ力も低下しています。

 

紫外線は日焼けによるシミだけでなく、毛穴の開きやたるみの原因にもなり、
お肌の老化を進めてしまいます。

 

そのため、保湿を中心としたお手入れとともに日焼け対策も万全にしておくことが
必要となります。

 

晴れた日だけでなく曇りの日にも、また、洗濯物を干す少しの間でも、大丈夫と
思わないで日焼け止めを付けるようにしましょう。

 

 

なお、更年期障害の症状がおさまってからも、お肌は年齢とともに保湿の働きが
低下していきます。

 

化粧品による外側からのケアとともに、食事での
栄養やサプリメントで
内側からも潤いを補給する
ようにしましょう。

 

更年期障害で悩む頃のお肌ケアには、エッセンシャルオイルやハーブなどを
取り入れてみましょう。

 

アロマによるヒーリング効果が気持ちまで和ませてくれるので、おすすめです。