更年期障害の症状|女性40代のホットフラッシュ

ホットフラッシュってご存知ですか?

 

更年期障害の症状の中でも多くの方がこの症状で悩んでいます。

 

そりゃそうですよね。周りの人がなんとも無い状態なのに、自分だけが
顔を真っ赤にして汗だくっていうのは、その状況を考えるととても
つらいものがあります。

 

更年期障害の一種ともいわれる
病気の一つに、ホットフラッシュと
呼ばれるものがあります。

 

ホットフラッシュの代表的な症状には、
発汗や顔のほてりなどがあり、
40〜50歳位の方に多いようです。

 

 

急に発汗してしまうと自分では
どうしようもなくなってしまうので、
仕事中や移動先などで困ることが
あるようです。

 

発汗を抑える薬もありますが、そもそもの原因はホルモンバランスの
崩れと考えられているので、薬だけでの完治は難しいでしょう。

 

 

顔のほてりに関しても、顔が赤くなる人もいれば、見た目はほとんど
変化しない人もいたりと、体質によって症状に差があるようです。

 

 

ホットフラッシュでない人の中には、ただ汗をかいたりほてったりする
だけなら大したことない病気と思ってしまう人も多い
かもしれません。

 

しかし、発汗は貧血を引き起こしたり、ほてりも具合を悪くする原因と
なるため、放置するのは危険な病気
なのです。

 

 

自覚症状がある場合は、医師に相談し自分でも適切な処置ができる
ようにしておいた方が安心ですね。