ホットフラッシュ対策にツボと食生活

ホットフラッシュの症状を和らげるツボがあります。

 

そのツボは大衝と呼ばれ、足の親指と人差し指の間から下に
指を滑らせて、骨と骨が当たる中間地点にあります。

 

このツボを刺激すれば、ホットフラッシュの症状が和らぐほか、
頭痛などにも効果的だと言われています。

 

しかし、外出先などでいきなり靴を脱いでツボを押すことは
ちょっと難しい場合がありますよね。

 

 

そこで、もう一つオススメのツボが、百会と呼ばれる頭の
てっぺんにあるツボです。

 

 

このツボであれば、どんなシーンでも簡単に指圧することが
できるはずです。

 

もちろん効果も期待できますから、外出先などで急に
ホットフラッシュが発症した時のために覚えておくととても
役に立つでしょう。

 

 

 

 

ホルモンバランスの乱れを改善すれば、ホットフラッシュの
症状も和らぐはずです。

 

そのため、食事に気を付けることも大切になります。

 

 

中でもオススメの食材が大豆です。
大豆には、エストロゲンというホルモンバランスの乱れを
改善する物質が多く含まれているので、ホットフラッシュの
改善に効果的な食材と言えるでしょう。

 

大豆を使った食品はたくさんありますから、普段の食事に
取り入れやすいですよね。

 

意識的に大豆を使うようにすれば、少しずつかもしれませんが
改善していくはずです。

 

 

また、ホットフラッシュは汗をかく病気なので、汗をかくような
食事はできるだけ避けた方が良いですね。

 

特に、辛いものは取りすぎに気を付けましょう。

 

 

とはいえ、体を冷やせばいいというわけでもありません。
そう考えると、やはり大豆を取り入れた食事が一番効果的
言えますね。