ホットフラッシュに漢方薬は効くんでしょうか?

ホットフラッシュの原因としては、更年期障害と自立神経の乱れ
と考えられます。

 

しかし、これらはあくまでもホットフラッシュを発症しやすい条件であり、
ホットフラッシュの原因そのものとは言えないようです。

 

 

そもそもホットフラッシュはまだ解明されていないことが多く、
それを引き起こす原因も完全に解明されていないというのが現状です。

 

 

更年期障害や自律神経の乱れは、原因になり得る要因の一つであって
原因と断定することは難しいようです。

 

 

 

それでは、これらの症状を漢方薬で改善することはできないのでしょうか。

 

 

実は、確実に効くとは言えませんが、効果が期待できる
漢方薬はいくつかあります。

 

 

 

 

その一つが、蓮子心(れんししん)と呼ばれる漢方薬です。
とても苦い漢方薬なので好んで使う人はあまりいないようですが、
蓮子心は発汗と顔のほてりの両方に対して効果が期待できます。

 

 

 

 

また、更年期障害に対してよく処方される漢方薬として、
桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)があります。

 

この桂枝茯苓丸もホットフラッシュに効果的だと言われていて、
特に更年期障害が原因の場合にその効果は期待されています。

 

 

ただし、ホットフラッシュは原因も症状も様々ですから、
必ず効くわけではありません。

 

そのことを頭に入れたうえで、医師や専門家に相談して
漢方薬を試してみてはどうでしょうか。