ホットフラッシュに治療薬はあるの?

40代の女性でも、更年期障害という自覚がなく普通に生活を
している方も多くいるようです。

 

例えばホットフラッシュにしても、自分では
「最近ひどく顔がほてるな」って思っていて、友人などから
「それって更年期障害じゃないの?」と指摘されて始めて
そう言えば最近ほてったり、逆に冷え性がひどくなったり
また頭痛もするし・・・で、気がついたら更年期障害だったと。

 

 

 

 

ほてりが上半身、特に顔を中心として表れ、それが周期的に
来るようだと、ほぼ更年期障害だと思われます。

 

これって、典型的なエストロゲン不足の症状なんですね。

 

 

 

更年期障害の中でも、ほてり(いわゆるホットフラッシュ)は
悩みの中でもベスト3に入る重大なものです。

 

周りの人がなんともないのに、自分だけ大汗かいているのは
ちょっと恥ずかしい感じはありますよね。

 

 

ホットフラッシュの治療薬ってあるんでしょうか?

 

 

 

 

ホットフラッシュを改善するための治療薬はいくつかあります。

 

とはいえ、ホットフラッシュは人によって程度も原因も
異なりますから、みんなが同じ薬でよくなるわけではありません。

 

症状によって処方される薬は違ってくるのです。

 

 

ホットフラッシュの治療薬として最も一般的なものは、自律神経の
乱れを改善する自律神経調整薬です。

 

また、血行の流れを改善する末梢循環改善薬もよく処方されることが
あるようですね。

 

これらの薬は医療機関で処方してもらうことができます。

 

 

この他にも、症状によっては漢方薬を処方する医療機関もあるようです。

 

「良薬は口に苦し」と言いますが、苦い漢方薬はそれだけでなんだか
効き目があるような気になってきます。

 

漢方薬はドラッグストアなどでも簡単に購入することができます。

 

しかし、自分の症状に合った薬でなければ効果は期待できないため、
漢方薬を使いたい場合も一度医師の診察を受けることをオススメします。