40代女性の更年期障害チェック!

自分にあらわれている症状について、もしかしたら更年期障害ではと不安に
思うならばいくつかの項目をチェックしてみるとよいでしょう。

 

 

更年期障害と認めるのは不本意かもしれませんが、早めに認めて早めに
適切な対応をとることが、自分自身にとっていちばんであることを
忘れないでください。

 

 

 

 

 

次に挙げるような状態が
6つ以上当てはまるならば、
婦人科へ行って相談する
ことが必要です。

 

相談の結果、更年期障害では
ありませんよということになっても、
それはそれでひとつの安心に
なります。

 

 

 

 

 

では、項目を確かめてみましょう。

 

・特に理由もないのに顔がほてることが多い。
・突然たくさんの汗をかいてしまう。
・たいした動きでもないのに、すぐに息切れや動悸がする。
・ベッドに入ってから眠りにつくまでに時間がかかる。
・常にイライラ感があって落ち着かない。
・人に対してさまざまなことが気に入らない。
・不安感につきまとわれることがある。
・気持ちが落ち込んで楽しい気分になれない。
・立ちくらみやめまいを感じる。
・頭が痛いと感じる時間が長い。
・吐き気がして食べ物がおいしくない。
・脱力感があって、疲れが抜けない。

 

チェックは以上です。

 

 

体調がよくないのをがまんしていると、他の病気を引き寄せてしまう
ことにもなりかねません。

 

この程度の具合の悪さは時間が経てば治るだろうなどと明日延ばしにしないで、
早めに病院へ行きましょう。

 

 

専門医のアドバイスを聞いて、他にも同じような症状の人がいるとわかれば、
気分も楽になるでしょう。

 

更年期障害に効く薬も多数あるので、つらい症状を和らげることができます。

 

 

 

 

40代女性の更年期障害チェック!関連ページ

更年期障害は相談しにくい病気です