スポンサードリンク

更年期障害と似た病気記事一覧

更年期には、ホルモンバランスと自律神経の乱れによって、体のあちらこちらに不調を感じるようになります。そして、その不調のなかには、更年期障害ということで済まされない病気が隠れている場合があるので注意が必要です。更年期障害の症状として一般的とされる症状に、ほてりやのぼせ、頭痛やめまい、動悸や息切れなどがあります。また、更年期になりやすい病気として、骨粗しょう症や高脂血症があります。これらの病気とは別に...

閉経の前後10年〜15年の間は、女性の体にさまざまな変化が起こって、多くの不調を感じるようになります。けれどもそれら全部を更年期障害だからと軽くみてはよくありません。思わぬ病気の場合もあるので、具合のよくないところがあれば、早めに医師に相談しましょう。閉経直前から閉経後にかけては、子宮体癌のリスクが高まるとされ、特に、肥満の女性の場合には注意が必要です。子宮体癌の症状として不正出血があります.これ...

更年期障害など、閉経前後の女性ホルモンの乱れによって生じる不調には、顔のほてりや頭痛などから憂鬱や焦燥感まで、ありとあらゆるものがあります。そのため、ある症状が少し重いと感じても、更年期障害だからとがまんして病院に行くのを遅くしてしまう傾向があります。けれども、なかには早期治療が  行えなかったばかりに、症状が悪化  して治りにくくなっている場合も  あります。  体に具合の悪いところがあれば、 ...