更年期障害と重なって起こりやすい病気

更年期障害など、
閉経前後の女性ホルモンの乱れによって生じる不調には
顔のほてりや頭痛などから憂鬱や焦燥感まで、ありとあらゆる
ものがあります。

 

そのため、ある症状が少し重いと感じても、更年期障害だから
とがまんして病院に行くのを遅くしてしまう傾向
があります。

 

けれども、なかには早期治療が
  行えなかったばかりに、症状が悪化
  して治りにくくなっている場合も
  あります。

 

  体に具合の悪いところがあれば、
  ひとりで判断せずに医師に相談
  するようにしましょう。

 

 

 

更年期障害の症状と重なって起こりやすい病気のひとつに、
自律神経失調症があります。

 

更年期にはホルモンの乱れから自律神経にも乱れが生じて、
さまざまな不調につながるのですが、自律神経失調症というのは
また別の病気
です。

 

 

そして、これらの症状が出たり消えたりするので、
不定愁訴(ふていしゅうそ)とも呼ばれます。

 

 

 

自律神経失調症は、うつ病との見分けも困難といわれます。

 

 

この他、子宮筋腫、子宮体がんなど婦人科系の病気も
更年期に発症することがあります

 

 

また、高血圧、メニエール病、心臓病などの症状も、更年期障害の
症状と見誤る場合があるので注意が必要
です。

 

 

体調に多くの変化を感じているのに、こんなことでいちいち病院に
かかってはいけないと、自分に言い聞かせている人も多いようです。

 

けれども、長く元気に生きて行くためにも、婦人科をはじめ、
病院での受診を先延ばしにしないように
しましょう。

 

それは更年期障害だけに限らず、です!

 

 

 

更年期障害と重なって起こりやすい病気関連ページ

更年期障害と似た症状のバセドウ病
更年期障害と間違えやすい病気