40代女性は、ストレスから更年期障害になっちゃう方も多いんです

更年期の女性の多くが、気分が沈みがちになったり、不安感や焦燥感が
つのったりして、自分でもおかしいと気付きます。

 

けれども、こういった心的な症状を更年期障害のひとつと知らずに
悩む人も多い
ようです。

 

 

また、更年期障害が原因だとわかってからも、周りの人からは理解されにくいため、
そのつらさをひとりで耐えて余計につらくなるということもあります。

 

 

  更年期とは、閉経を挟んだ
  前後10年〜15年くらいの
  ことなので、

 

  女性がさまざまな体の不調を
  抱えながら送る月日は相当
  長いといえます。

 

 

  その長い期間の負担を少しでも減らすためにも、
  精神的なケアは大切です。

 

 

更年期障害の諸症状が起きるのは、女性ホルモン(エストラゲン)の減少だけでなく、
ストレスも大きな要因
になっています。

 

 

更年期の女性は、職場での責任の重さが増したり子どもの就職や結婚の心配があったり、
親の介護という問題がのしかかったりします。

 

このようなたくさんの生活上の負担がストレスとなって、体にも影響を
与えてしまう
のです。

 

 

更年期障害の症状のあらわれ方でも、もともとの性格が楽天的でのんびりしている人や、
家庭でも仕事でもストレスが少ない人は、更年期障害になりにくく、症状があらわれたと
しても軽めで済むといわれています。

 

そのため、友だちにグチを聞いてもらうことや悩みや心配を忘れてのんびり過ごす時間を
持つことなども、更年期障害の症状を軽くするのに大いに役立ち
ます。

 

 

なお、憂鬱な気分や落ち込みが毎日続くようならば、勇気を出して心療内科を受診しましょう。

 

 

更年期障害の症状をきっかけとしたうつ病の発症もあるので、心のつらさを軽くみないことが
大切です。