更年期障害に効く漢方薬を知ってますか?

更年期障害の諸症状の緩和には、東洋医学の漢方薬にも
有効なものが多いとされています。

 

漢方薬の効き目は穏やかで、病院での治療と併用できるので、
医師に相談しながら上手に取り入れてみるのもよいでしょう。

 

 

古くから東洋医学では、更年期障害の症状が起きる原因の
主なものとして、「お血(おけつ)」と「気の上衝(じょうしょう)」
を挙げています。

 

お血の「お」の漢字は、病だれの中に於と書く難しい字で、
現代の医学書や解説書では「悪血」と書かれる場合もあります。

 

 

  けれども、お血とはドロドロの血
  という意味ではなく、血の流れが
  滞ることをいい、顔面の紅潮
  体の冷え、のぼせ、腰痛、肩こり
  といった症状や、

 

  生理不順、生理痛の原因
  考えられています。

 

 

また、イライラする気持ちや不眠なども、血の流れの滞りを
改善するとされています。

 

 

 

気の上衝の「気」とは、中国の考え方で生命力の
根源とされ、東洋医学で血(けつ)とともに身体機能の
すべてを司るとされます。

 

その「気」が安定せずに乱れることが気の上衝で
頭痛やイライラ、不眠などを引き起こす原因
されています。

 

 

そのため、東洋医学での更年期障害の治療では、
お血の改善と気の上衝を和らげる治療とを
組み合わせた方法がとられます。

 

 

そして、「桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)
加味逍遙散(かみしょうようさん)
当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)
などの漢方薬が用いられます。

 

 

漢方薬は、体質の根本的な改善や、病気の予防・予後に
向く薬でもあるので、更年期障害の症状が出る前から
飲むのもおすすめ
です。

 

 

なお、漢方薬を購入する際には、薬剤師に
相談すると安心です。

 

 

 

 

更年期障害に効く漢方薬を知ってますか?関連ページ

「マカ」で更年期障害の症状緩和