40代とは限りません、若年性更年期障害が増えています

閉経の平均的な年齢は40代後半から50代とされ、更年期障害の症状は
その前後に起きます。

 

ところが近年では、閉経まではまだまだ遠いとされる20代から30代の女性に、
更年期障害と同様の症状があらわれることが多くなり、若年性更年期障害と
呼ばれています。

 

 

若年性更年期障害になる原因としては、過剰で頻繁なダイエット、不規則な
食生活での栄養不足および栄養の偏り、職場や友人関係におけるストレス
などが挙げられています。

 

 

  これらの原因によって、年齢は
  若いにもかかわらず、卵巣の
  働きが低下して女性ホルモンの
  分泌量が急激に減少し、更年期と
  同様の状態になってしまうのです。

 

  若年性更年期障害については、
  婦人科と心療内科との協力のもと
  での治療が有効とされています。

 

 

将来に結婚や出産をひかえていることもあり、適切な治療によって体を正常な
状態に戻すことが大切です。

 

 

また、病院での治療を順調に進めて、若年性更年期障害を完治するためには、
原因となっている問題を解消する必要があります。

 

 

例えば、ダイエットならば、方法や体重の落とし方を緩やかにしましょう。

 

食生活では、朝ごはんを抜かないことや外食を減らすことから始めるとよいでしょう。

 

 

ストレスについては、ゼロにするのは難しいですが、体調が多少よくないときでも、
気楽な友だちを相手におしゃべりするようにしたり、学生時代にやっていた
好きなスポーツをもう一度始めたりして、少しでも楽しい気持ちを持つようにしましょう。

 

 

ストレスを溜めずに少しのんびりした気分で過ごすと、若年性更年期障害の
状態から早く抜け出すことができます。