40代女性の更年期障害に多い「不眠」

更年期になって、女性ホルモンの減少と性腺刺激ホルモンの過剰分泌という
ホルモンのせめぎ合いによって、自律神経が乱れると、不眠の症状があらわれる
人もいます。

 

この更年期障害の症状における不眠と不眠症などの病気との違いは、眠って
いる間にたびたび目が覚めることが多いことだといわれています。

 

 

   そのため、更年期障害の不眠
   では、ベッドに入ってから
   眠るまでに時間がかかる、
   眠ってもたびたび目が覚める、
   翌朝は早い時間に目が覚める
   といった毎日に悩む人が
   多いようです。

 

 

このような睡眠では体が安まらず、更年期障害のほかの症状を悪化させる
ことにもつながります。

 

 

 

こういった不眠を薬を頼らずに改善するには、次のような方法があります。

 

 

まず、昼間は適度に体を動かして、夕方以降にほどよい疲労感があるようにすること。

 

 

次に、ベッドに入る時間を毎日同じにすること。ただし、眠らなければ眠らなければ
とは思わないようにすること。

 

 

また、夕方以降はコーヒー、紅茶、緑茶を飲まないこと(カフェインを摂らないこと)。

 

 

そして、ドキドキするようなテレビ番組を見たり怖い内容の本を読んだりしないこと。

 

他には、リラックス効果のある入浴剤を使うことや就寝前の軽めのストレッチなども
効果があります。

 

 

このような小さなことをあれこれ工夫しても不眠の症状が軽くならず、頭痛や吐き気
などの症状を伴うようになった場合には、やはり医師への相談が必要です。

 

 

婦人科での更年期障害の診断と併せて、自分の症状に合った薬を処方してもらう
ようにしましょう。