更年期障害の頭痛やホットフラッシュやめまいにツボ押しはいかがですか?

更年期障害を和らげる方法の一つにツボ押しがあります。

 

更年期障害だと、なかなか外部の人には理解してもらえない
部分もありますし、病院へもなかなか・・・という方も多いのでは
ないでしょうか?

 

更年期障害を抱える女性、特に40代ならばお子さんのことや
仕事なども忙しく抱えていて、治療の時間が取れないという
悩みもよく聞きます。

 

そんな場合に、ツボ押しは意外と効果が高いのかもしれません。

 

 

ツボを刺激することによって、女性ホルモンの分泌や生殖器の
働きなどが改善されたり、自律神経のバランスが整ったりすると
言われていますね。

 

ツボ押しは自分ですることもできるので、場所を覚えて試して
みるのもいいでしょう。

 

 

更年期障害に効果的だとされるツボには、三陰交と血海があります。
三陰交はくるぶしの上、血海は膝の皿の上にあります。

 

 

 

  三陰交             

 

 

 

  血海

 

 

 

中でも三陰交はホルモンの分泌を促すため、更年期障害には
お勧めのツボ
と言えるでしょう。

 

さらに、これらは生理痛にも効果的だと言われています。

 

 

また、湧泉という足の裏の土踏まずの真ん中よりも少し上の
ツボにも、ホルモンの働きをよくする効果があると言われています。

 

 

他にも、頭痛・めまい・不眠・生理不順・イライラといった
更年期障害によく見られる症状には、大衝や行間といった
ツボが効果的なようです。

 

 

とはいえ、素人にはツボの正確な位置はわかりずらいものですから、
鍼灸院などで正確な位置を教えてもらった方が良いかもしれません。

 

鍼灸院が近くにない方は、ネットでもかなり詳しく出ていますよ。